企業ニュース

  • 水産養殖におけるベタインの主な役割

    水産養殖におけるベタインの主な役割

    Betaine is glycine methyl lactone extracted from sugar beet processing by-product. It is an alkaloid. It is named betaine because it was first isolated from sugar beet molasses. Betaine is an efficient methyl donor in animals. It participates in methyl metabolism in vivo...
    続きを読む
  • 動物におけるグリコシアミンの効果

    動物におけるグリコシアミンの効果

    グアニジノ酢酸とはグアニジノ酢酸は、家畜の健康に影響を与えることなく家畜の筋肉の成長と組織の成長を助ける、家畜の誘導に使用される非常に効果的な飼料添加物です。 高いリン酸基移動ポテンシャルエネルギーを含むクレアチンリン酸、i ..
    続きを読む
  • 水生飼料誘引物質のベタインの原理

    水生飼料誘引物質のベタインの原理

    Betaine is glycine methyl lactone extracted from sugar beet processing by-product. It is a quaternary amine alkaloid. It is named betaine because it was first isolated from sugar beet molasses. Betaine mainly exists in the molasses of beet sugar and is common in plants. ...
    続きを読む
  • ベタインは反芻動物の飼料添加物として有用ですか?

    ベタインは反芻動物の飼料添加物として有用ですか?

    Is betaine useful as a ruminant feed additive? Naturally effective. It has been known for a long time that pure natural betaine from sugar beet can produce obvious economic benefits to for-profit animal operators. In terms of cattle and sheep, ...
    続きを読む
  • 細胞膜の保湿と保護に対するベタインの効果

    細胞膜の保湿と保護に対するベタインの効果

    Organic osmolytes are a kind of chemical substances that maintain the metabolic specificity of cells and resist the osmotic working pressure to stabilize the macromolecular formula. For example, sugar, polyether polyols, carbohydrates and compounds, betaine is a key orga...
    続きを読む
  • 水生生物で有機酸を使用できない状況

    水生生物で有機酸を使用できない状況

    Organic acids refer to some organic compounds with acidity. The most common organic acid is carboxylic acid, which is acidic from carboxyl group. Calcium methoxide, acetic acid and are all organic acids. Organic acids can react with alcohols to form esters. Role of organ...
    続きを読む
  • ベタインの種

    ベタインの種

      Shandong E.fineはベタインの専門メーカーです。ここでは、ベタインの生産種について学びましょう。 ベタインの有効成分は、重要な浸透圧調整剤およびメチル供与体であるトリメチルアミノ酸です。 現在、マークの一般的なベタイン製品...
    続きを読む
  • 中規模および大規模の飼料企業が有機酸の消費を増やすのはなぜですか?

    中規模および大規模の飼料企業が有機酸の消費を増やすのはなぜですか?

    Acidifier mainly plays an acidification role in improving the primary digestion of gastric contents and does not have antibacterial function. Therefore, it is understandable that acidifier is rarely used in pig farms. With the advent of resistance limitation and non resi...
    続きを読む
  • 世界の飼料グレードのプロピオン酸カルシウム市場2021年

    世界の飼料グレードのプロピオン酸カルシウム市場2021年

    世界のプロピオン酸カルシウム市場は2018年に2億4,302万ドルを占め、予測期間中に7.6%のCAGRで成長し、2027年までに4億6,830万ドルに達すると予想されています。 市場の成長に影響を与える重要な要因のいくつかには、食品業界の消費者の健康への懸念の高まりが含まれます...
    続きを読む
  • 中国の水生ベタイン— E.Fine

    中国の水生ベタイン— E.Fine

    さまざまなストレス反応が水生動物の摂食と成長に深刻な影響を及ぼし、生存率を低下させ、さらには死を引き起こします。 飼料へのベタインの添加は、病気やストレス下での水生動物の食物摂取量の減少を改善し、栄養摂取量を維持し、いくつかを減らすのに役立ちます...
    続きを読む
  • 家禽の腸の健康を改善するための飼料添加物としてのトリブチリン

    トリブチリンとはトリブチリンは、機能性飼料添加物溶液として使用されます。 酪酸とグリセリンをエステル化して作られた、酪酸とグリセリンからなるエステルです。 主にフィードアプリケーションで使用されます。 畜産業における飼料添加物としての使用とは別に、...
    続きを読む
  • 家畜へのベタインの適用

    家畜へのベタインの適用

    Betaine, also known as Trimethylglycine, chemical name is trimethylaminoethanolactone and molecular formula is C5H11O2N. It is a quaternary amine alkaloid and a high-efficiency methyl donor. Betaine is white prismatic or leaf like crystal, melting point 293 ℃, and its ta...
    続きを読む
123456次> >> ページ1/6